第6回 健康歩道で体健康!
 
 最近忙しくて、体が疲れたなぁ・・・と思った時に行くのがマッサージ。 でも、お店でやってもらうのって、予約とか面倒だし、待たされるとなんかイライラ・・・。
 と言う事で、わたしはよく近所の「健康歩道」に行って、その上を歩いたり寝転がったりしてます。 今回はそんな手軽に行ける、健康歩道のおはなし。

 健康歩道は台湾の公園にあるのだけど、全部の公園に必ずある、ということではない。 規模の大きな公園には大体あるみたいだけど、小さすぎると設置できないのかも。 健康歩道がある、ガイドブックにも載っている主な公園を挙げましょう。

 1 : 二二八和平紀念公園
 2 : 台湾民主紀念館(旧・中正紀念堂)
 3 : 大安森林公園
 4 : 永康公園

 もちろんこの他にも、ガイドブックにも載っていない公園に設置されてたりするし、時には道端の植え込みに、ひっそりと設置されていることもあるのだ! これにはわたしも驚いたなぁ。 そしてこれが健康歩道。 石が敷き詰めてあるのです。

                    

 今回の記事を書くにあたり、1番の「二二八和平紀念公園」に行ってきました。 実はこの記事を書いているのは、2月28日。 この公園の由来である、228事件の日です。 これが書きたかったが為に、締切ぎりぎりに執筆開始(笑)。 管理人さん、ごめんなさーい(笑)。

 さて、健康歩道に行こう! チャレンジしてみよう! と思ったら、まずは準備にとりかかろう!

 1 : 特にスポーティーにする必要はないけど、動きやすい服装で。
 2 : 靴下をはいて下さい。 ストッキングは伝線するし、素足はかなり痛い。
 3 : 運動靴かスニーカーで(ヒールのある靴だと歩いた時痛い! 経験済み)。
 4 : 飲み水かお茶を持参して下さい。 理由は後ほど。
 5 : 歩く前にトイレに行っておくべし!

            

 効果のある部位については、二二八公園だと、この様に説明書きがあるので、興味があれば、各自ご確認を。 さて、飲み水持参についてだけど、この写真にもある様に、健康歩道を歩いた後は代謝が良くなるので、水分をとってください。 でも流石に500mlは多いんじゃないかな(笑)。
 また、生理中・妊娠中の女性は、やってはいけません(刺激が強すぎるため)。

 現場に到着したから、さっそく歩こう! と思った人、ちょっと待った! 前の方にも少し書いたけど、健康歩道ってこんなんですよ。

           

 痛いんですよ。 何の考えもなしにいきなり始めると、足ツボ効果があるどころか、痛すぎて逆にストレスになる。 そこで、痛くなりにくいトコを選んで歩くんだけど、それは次の写真を参考にしてね。

   

 この写真の赤線で囲った様な、尖った石の場所は選ばないで。 これは本当に痛い! できるだけ、黄色の線で囲った様な、丸みのある石を選んで、1回15分以上頑張らない様に、リラックスして利用しよう!

 実は写真を撮りに行った時、韓国人旅行客の青年が歩いていたんだけど、声には出さなかったものの、終始「痛い!」と言う顔で歩いていたので、やっぱり場所を選ぶのは大事だと思った。 二二八の健康歩道は石が大きめだっただけど、時々みかける小さな健康歩道は、石が小さめ(低い)なので、もし皆さんもみかけたら、そういうところからチャレンジしてみてもいいんじゃないかな。

 ただ、公園の健康歩道だと、こんな出会いもあるかもしれないよ?