台湾的2つの年末年始
湾ではでは2回の年末年始を迎えることになる。
日本と時差があるから日本時間と台湾時間でしょ!?まあ、それを入れると3回かもしれない。

2回とは
1回目:西暦12月31日のカウントダウン
2回目:旧暦12月31日のカウントダウン

旧暦の方は、西暦と旧暦のカレンダーが違うため、都市によって日にちが異なる。

じゃあ、どっちを祝えばいいの?
湾はもともと旧暦を重視する国なので、メインは旧暦の正月、いわゆる春節(旧正月)だ。だからといって西暦の正月を無視するわけではない、最近では各地でカウントダウンイベント等が開かれとてもにぎわいます。
ただ、台湾では西暦の正月休みは元旦のみ。12月31日まで学校や仕事があり、2日から再開だ。
それに対し、
旧暦の年末になると、学校も会社も長い休みとなり、台湾らしい年末の風景があちらこちらで見られます。年菜という正月に食べるいろいろな食べ物が各地でうりだされ、各市場やお店はにぎわいわいをみせる。
東京の上野のアメ横の年末の風景によく似ている。

大晦日前になると台湾北部では民族の大移動と言わんばかりの大移動が起こる。台北の多くの人は台湾中部や南部に親戚を持っており、里帰りをするためだ。そのため、年末になると普段は人ごみが多い台北の街も、とても静かになる。
大晦日も夜12時に近づくと、人々は初詣のために寺院に向かう。各寺院では年に一度の例祭が行われ、天から舞い降りる神々を向かえ入れ、それはとても神秘的なイベントだ。

一方街中では12時が近づくと各地で爆竹や花火の音が聞かれる(*台北市内では爆竹禁止)。そして12時外に出ていた市民は一斉に爆竹に火をつけると当たりはもう爆竹の音しか聞こえない。街中は爆竹の光に包まれる。

 
2つの新年を迎える台湾だが、1月1日は普通の休みとかわらず、街の風景はいつもどおり、しかし旧暦の新年になると大晦日も早めに店じまい、正月期間は店を閉めるところが多いです。しかし、最近ではデパート等では初売りを行うところも多く、豪華な福袋なども用意されます。

台湾らしい新年をと期待したいところだが、旧暦の正月はみんな家で家族と静かに過ごすため、街中に出ても想像していた台湾の伝統的なイベント等はデパートのオープン時くらいでしか見かけられないと思います。

正月、人々に会ったらこう言いましょう、
「新年快楽!(シンニィェン クァィレァ)」
2005/12/15
 
TOPページ
メールは... こちらから(E-mail)
Copyright (C) : 2001-2005 T-LINK. All Rights Reserved