台湾的ランタン祭り
湾では西暦1月1日の新年よりも、旧暦の新年を祝う。
旧暦の1月15日、正月が終わるこの日の圓宵節は台湾各地でランタン祭りが開かれ、とても綺麗なランタンが見ものとなる。
各地でランタン祭りが開かれる中、山の上では空飛ぶランタンといわれる「天燈」が開かれる。
この天燈とは言うならば小型の気球のようなもの。
大人の肩くらいある比較的大きな紙で出来たランタンに、各自の願い事、目標などを書いて空に飛ばす。
1年間の健康と目標達成を載せて天に舞うランタン、私達の夢を載せたランタンはどこに行くのか。
燈は紙でできていて、気球の中には石油をしみこませた厚紙を取り付け、それに火をつけ、ガスが気球内にたまったところで空に飛ばす。

手順としては
ランタン1つを数十元で購入。
 ↓
ランタンに願い事を書き込む。
 ↓
ランタンに石油の染込んだものをつける。
 ↓
点火
 ↓
ランタンをひっくり返しガスをためる。
 *この際、紙のランタンに火が移らないように注意
 ↓
約30秒から1分
自然とランタンが浮かび上がります。
 ↓
みんなでカウントダウンをし、いっせいに手を離す。
*息を合わせて話さないと傾き、ランタンに火が燃え移るので注意。

このような感じで満足ゆくまでいくつもランタンを飛ばします。

2006年の正月は1月29日、ランタン祭りは2月12日ころになります。

ランタン祭りの動画 / ランタン祭りの写真

 
2006/01/01
 
TOPページ
メールは... こちらから(E-mail)
Copyright (C) : 2001-2006 T-LINK. All Rights Reserved