台湾的冬の気候
湾は1年中暖かいと考えている人が多いかもしれない。
でも、それはまちがい。
台湾には、いちおう四季があります。
夏は暑く、
冬はけっこう寒くなります。

この1月、東京では10度以下の日が続き、、暖かい台湾に逃げたいという人も多いのではないでしょうか。

台湾は暖かいからと思いながら台湾に来て見ると・・・

「あまりの寒さに驚いた」なんてことも。
っ!!なんてことが普通にあります。留学生の多くは台湾は暖かいから冬服はもって来ていないという話をよく聞きます。
11月ころまでは秋服でも十分だけど、12月に入り20度を切り出すと急に寒く感じる。確かに20度という気温は日本の感覚で言ったら暖かいかもしれないけど、台湾では日本にいる時よりもあきらかに薄着なので、20度でも寒く感じる。
20度くらいであれば1枚多く着てOK。
しかし、12月のある日、突然の寒波到来!気温が12度、10度と下がると確実にジャンパーやコートが必要。そんな天気の中、秋服しかもっていない!とコートを買いに走るといった話をよく聞きます。台湾は暖かい、確かに日本と比べると暖かいですが、冬は暖流寒流の関係で沖縄より気温が低いこともしばしばあります。台湾の山の上では数年に1度雪が降ります。台北でも冬は5度くらいまで下がることがあります。

とはいえ、10度を切るのは年に数日程度でしょう。
12度まで下がっても翌週は天気が回復し20度くらいまで上がるといったこともあります。
台湾の冬はなかなか天気がよめません。

ただ、いえることはあまりに軽装備で来ると痛い目にあるかもしれません。

 
台湾で寒さに注意するのは11月下旬から2月下旬くらいでしょう。12月でも20度を超える日があります。
2月下旬以降であれば晴れれば25度くらいまで上がる日もあります。
台湾の寒い冬は短く、冬でも過ごしやすい日が多いことは確かです。

でも、かなり寒くなるんです。
それを頭に入れておいてくださいね。
2006/01/02
 
TOPページ
メールは... こちらから(E-mail)
Copyright (C) : 2001-2006 T-LINK. All Rights Reserved