台湾的フルーツ
ーーーやっぱりマンゴー!


今や日本でも大人気のアジアンスイーツ。いろいろな種類がありますが皆さんは何がお好きですか。これからの季節、お勧めはなんと言ってもマンゴーを使ったデザート。あのさわやかな酸味と甘みに虜になった方も多いはず。マンゴーはインド原産ウルシカ科の果樹で、ベータカロチンやビタミン類が豊富に含まれていて、美容にも健康にもいいフルーツです。一口にマンゴーと言っても台湾で売られているマンゴーは愛文、玉井、金煌など数種類あり味も微妙に異なります。マンゴーを生で食べるのも、もちろん美味しいですが、青いマンゴーを塩漬けにして、一度塩分を抜いた後に乾燥させ砂糖漬けにした『情人果』というドラーフルーツは一味違ったマンゴーの味を楽しめますよ。台北市内でマンゴーかき氷のお店と言えば、永康街の『氷館』が有名ですが、シーズンであれば街中のデザート屋さんどこでも食べることが出来ますので、是非本場のマンゴーを味わってみてください。


ーーーフルーツ天国


マンゴーばかりでなく一年を通してフルーツが豊富な台湾。春はイチゴに始まりバナナ、パパイヤ、夏は、マンゴー、ライチー、メロン、スイカ、秋はみかん、梨、冬は釈迦頭、蓮霧など、どの季節でも美味しいフルーツを味わうことが出来るのが台湾のいいところ。写真は小学校の校庭になっていたジャックフルーツです。フルーツのなかでも最大といわれるジャックフルーツが校庭になっているなんてさすがは南国台湾ですね。街中を歩いていると、あちらこちらにマンゴーやパパイヤ、蓮霧などが自然になっているでのに驚かされます。夜市には、フルーツ専門の屋台もありますので手軽に季節のフルーツを堪能出来ますよ。そんなに美味しいのなら是非持って帰りたいと思われるかもしれませんが、日本へ持って帰るには検疫が必要なので少し面倒。でも、ドライフルーツや蜜餞と呼ばれるフルーツの蜜漬けなら持ち帰りもOKですし、スーパーやコンビニで簡単に手に入りますので、お土産にいかがでしょうか。


ーーートマトはフルーツ???

日本にもフルーツトマトという名前のトマトがありますが、私達日本人からするとトマトは野菜ですよね?!でもここ台湾では、トマトは野菜でもありフルーツでもあるという、とても不思議な存在。スーパーなどでも、フルーツコーナーにも野菜コーナーにもどちらにも並んでいます。果物屋さんにも、フルーツの1つとして売られていますし、レストランで食事をすると最後にデザートとして出てくることもあります。それに夜市では、糖葫蘆というトマトに飴をかけた日本ではお目にかかれない飴も売っています。もちろん野菜として、サラダに入れて食べたりもしますが、ちょっと変わった食べ方としては、タマゴと一緒に甘く炒めたり、鍋の具として鍋の中に入れて食べたりします。鍋にトマト・・・?!いったいどんな味がするか想像がつきますか。ところ変わればトマトの食べ方も変わる。台湾ならではの食べ方かもしませんね。



 

 
2006/06/10
 
TOPページ
メールは... こちらから(E-mail)
Copyright (C) : 2001-2006 T-LINK. All Rights Reserved