管理人体験談
 個人で台湾に来ている方でいったいどれだけの人が台湾の健保(国民健康保険)に加入しているでしょうか?通常居留4ヶ月以上の外国人はこの健保に加入する義務があります。しかし、ビザの更新と異なり頻繁に行く場所でもないし、いったいどうやって保険に申し込むのか情報も少ないし、きっと健保に入っている人は少ないのではないかと思います。
私も例外ではなく、初めての留学のとき、そしてつい最近まで健保にはどうやって加入したらよいのかわからずに、健保には入っていませんでした。今まで病気や大怪我もしたことが無いし、台湾に来てからも健康と交通には十分気をつけてきており、台湾に住んで数年、健康状態を保ってきました。しかし、いくら注意をしても意外は起こるもの。友達とアイススケートをして先で遊んでいたら、調子に乗りすぎたのかスピードを出しすぎ、そのままカーブを曲がれずに転倒、怪我をしてしまいました。

後日、病院へ行くと骨折の診断。台湾に居留して数年、保険を持たなかった私はもちろん実費での支払い。比較的高額の請求を受けることになりました。風邪やちょっとした怪我、歯医者に行くくらいなら、はっきりいって医療費を実費で払っても大した額ではありません。台湾では風邪くらいの診療であれば保険が無くても300元(約1100円)程度です。だから、今まで健保には入らなくても大丈夫と思っていました。
  
日本人特別外来を持つ病院
 海外で怪我や病気をした場合、困るのは言葉です。ある程度中国語に自信があったとしても、怪我や病気といった用語は普段使わないだけに、自分の症状を伝えるのは難易度が高いし、もし違う意味にとらえられたら怖いです。
台北では臺安医院という総合病院で、「日本人特別外来」が設置されていて、受付のスタッフから医師まで対応してくれるすべての人が日本語がとても上手です。また、番号を取って診察をしてもらうまでには通常1時間くらいはかかりますが、この日本人特別外来を利用すると待ち時間無しにすぐに見てもらうことができます。

ただ、医療費は通常より高め、台湾の健康保険は使えず、海外旅行保険、もしくは実費のみとなります。
台湾の保険を持っており言葉もある程度話せる方は一般外来でも大丈夫です。運がよければ日本人外来も担当する医師にあたれば日本語が通じます。

  臺安醫院 Taiwan Adventist Hospital      台北市松山區八コ路2段424號
 
台湾の健保(国民健康保険)に加入する。
 個人の場合、台湾に居留して4ヶ月以上の方であれば台湾の健保に加入することができ、健保ICカードを申請することができます。というか基本的には加入が義務となります。

各区、市の中央健康保険局の分局に行き加入手続きをすることができます。
受付で「加保(ジャーバオ)」と言って番号をもらい、自分の番が来てカウンターに行ったら同じく「加保」といえばOKです。
必要書類は以下の通りです。

必要書類:居留証、証明写真1枚
毎月の保険料:658元
自費負担割合:30%
 
  中央保険局のサイト http://www.nhi.gov.tw/
  分局に関するサイト http://www.nhitb.gov.tw/
 
居留の定義
 例えば留学目的で台湾に長期滞在する場合、居留の定義はどうなっているのか。
基本的には停留ビザで入国し、更新をした上、4ヶ月後に居留ビザに切り替えるというのが一般的です。じゃあ、いつからが居留なの?停留ビザを持っている時期は、停留となり、一般の観光客と変わらない扱いです。4ヵ月後に居留ビザを取得し、台湾でやっと居留といえるわけです。居留証明を取るとき、居留期間は居留ビザを取得したときから始まります。保険の加入資格は「4ヶ月以上の居留」となっています。つまり居留ビザを取得して4ヵ月後、健保に加入する義務が発生するというわけです。
  
2度以上居留をした場合
 私は今回2度目の居留、一度目はもう何年も前の学生時代。保険局で健保を申請する際、居留証が必要になるわけですが、例えば延長等で2枚目以降の居留証を取得している場合、過去の居留証も必要となります。私の場合、初めての居留はもう何年も前のため、その居留証はもうありません。どこに行ったかわからないといったかんじ。健保に加入するとき、1枚目の居留証が必要になるということで、「さあ、困った」ということになりました。
そこで必要なのは以下の書類

ビザの更新に行く場所(台北市の場合、移民局)に行き、以下の書類を申請します。
 ・出入国記録  100元  即日発行
 ・居留証明(居留理由付き)  100元  発行まで3日
 
上記の書類を保険局に持参することで過去の居留を証明するものができ、健保の加入書類として使うことができます。

ただ、1年以上居留をし、居留証が古いものと新しいものが2枚ある場合、必ず1枚目の居留証が必要となります。手元にある新旧の居留証はすべて持参しましょう。
 
居留4ヶ月以上なのに、今まで加入しなかった場合
 先にも述べたとおり、居留4ヶ月を過ぎた時点で健保への加入は義務となります。じゃあ、そのまま加入をしなかったら罰金なのか?そんなことはありません。例えば居留証を取得して1年、今から加入したいと思った場合、以下のような感じとなります。

居留証の取得後12ヶ月(1年)
  12ヶ月 − 居留後4ヶ月 =請求額 8か月分

つまり、義務となっている以上、遅れて加入する場合、義務が発生した過去にさかのぼって請求を受けることとなります。

ただし、私の場合のように過去の居留期間が何年も前になった分に関しては時効となり、請求対象外となります。
 
健保ICカードの取得
 健保ICカードの受け取りには申請後約2週間かかります。請求はその時の月末に最初の支払い通知が届きます。
では、カードを受け取るまで保険は使えないのかというと、そうではなく、保険申請時にカードが届くまでの2週間使える保険加入証明がもらえます。これは発効日から1ヶ月間有効。これを病院の窓口で提示すれば健保カードを持っているのと同じように保険適用となります。
よく考えると最初の請求は月末、保険は今日から適用。お金を払っていなくても保険が使えるということになります。
不思議な気がしましたが、私の場合、保険を申し込んだその日に問題なく保険が使えました。
 
健保に加入して
 実費で大怪我の治療をした後だからというのもありますが、健保に加入した時、これで何かに守られているという安心感を感じました。
 
私は健康には人一倍気づかってるの。私は交通には常に気をつけてるの。
だから、健保はお金を出すのがもったいない。と思っている方。
人生、どんな意外があるかわかりませんよ。
 
トップページに戻る
Copyright (C) : 2007 T-LINK. All Rights Reserved